« 石井地区河川防災ステーション20周年を迎えるにあたり、施設内をリニューアルしました。 | Main

2017年11月26日

ロープワーク訓練の流域講座を開催しました。

 平成29年11月26日(日)に箸蔵小学校にて、社会福祉法人池田博愛会主催の「第2回  はくあい防災フェスタ」が開催されました。様々な防災体験コーナーがある中、徳島河川国道事務所は訓練項目の一つである防災時に必要なロープワーク訓練の講師として参加しました。

  参加いただいた多くの方々に、「ほん結び」「ふな結び」「かみくくし」「もやい結び」など様々な結び方について、体験する方々の間近で実演しながら、それぞれの結び方について指導しました。

  参加者から「ロープで結ぶのは楽しかった」「この結び方はどんな時に役にたつの?」「今は覚えたけれど家に帰ってからもしないと、すぐに忘れてしまいそう」といった様々なご意見をいただくなど、非常に熱心に受講していただきました。

 また、合わせて過去の台風による浸水被害状況などをまとめた防災パネル展も行い、参加いただいた方の防災意識向上を図りました。

 この取り組みを機に、住民の方々の防災への関心が高まり、万一の事態に訓練の経験が活かされれば良いと思っています。

■ロープワーク体験の様子


■防災パネル展の様子

Posted by at 2:00 午後
記事の分類: 吉野川流域講座, H29年度