環境への取組

山鳥坂ダムの環境影響評価

 山鳥坂ダム工事事務所では、山鳥坂ダム建設事業の実施に先立って、環境への影響に関する調査・予測・評価を行う環境影響評価法に基づく手続を進めてました。この結果、平成20年4月18日に山鳥坂ダム環境影響評価書の公告・縦覧を行いました。今後、環境影響評価の結果を受けて、環境に配慮した適切な環境保全対策を講じたいと考えています。

環境影響評価の流れ

環境影響評価の縦覧

日時 項目
平成20年3月31日
〜平成20年4月30日

環境影響評価書の公告及び縦覧をしました

このページのトップへ

山鳥坂ダム環境検討委員会

 国土交通省四国地方整備局山鳥坂ダム工事事務所では、平成16年12月13日に山鳥坂ダム建設事業について環境面からの技術的助言を専門家から頂くことを目的として、山鳥坂ダム周辺の自然や現状に詳しい県内の学識経験者や専門家等からなる「山鳥坂ダム環境検討委員会」を設置しました。これまでの委員会では、環境影響評価法に基づく手続きの流れや、これまでの環境調査結果を報告し、技術的助言をいただきました。
※一部の議事録については、「種の保全の観点」から非公開としている箇所があります。

日時 資料 議事録
第13回
2008年3月3日
第12回
2007年10月28日
第11回
2007年10月09日

※説明資料2については、貴重種のクマタカのコアエリア、営巣木等の位置を特定できる内容であるため、「希少動植物の保護の観点」から非公開とします。

第10回
2007年07月10日

※説明資料2については、貴重種のクマタカのコアエリア、営巣木等の位置を特定できる内容であるため、「希少動植物の保護の観点」から非公開とします。

第9回
2007年03月16日
第8回
2006年09月12日
第7回
2006年08月09日
第6回
2006年07月09日
第5回
2006年06月06日
第4回
2006年03月09日
第3回
2005年04月30日
第2回
2005年02月16日
第1回
2004年12月13日

このページのトップへ

動植物の保全措置に関する専門部会

 国土交通省四国地方整備局山鳥坂ダム工事事務所は、山鳥坂ダム環境影響評価の動植物に関する保全措置等について技術的な助言を得ることを目的として、山鳥坂ダム環境検討委員会に「動植物の保全措置に関する専門部会」を設置しています。
※一部の議事録については、「種の保全の観点」から非公開としている箇所があります。

日時 資料 議事録
第2回
2007年8月30日

※図面集については、貴重種の位置等を特定できる内容であるため、「希少動植物の 保護の観点」から非公開とします。

第1回
2007年3月8日

※図面集については、貴重種の位置等を特定できる内容であるため、「希少動植物の 保護の観点」から非公開とします。

このページのトップへ

評価書

項目

山鳥坂ダム・鹿野川ダム環境検討委員会へ