四国・愛媛県最大の河川 肱川流域で人と水を見守り続けています。

| サイトマップ | 交通アクセス | リンク | お問い合わせ |

HOME > 野村ダムの役割 > 治水(洪水調整)

治水(洪水調整)

台風などで大雨が降った際に、ダムでいったん水を貯め、下流へ流す水の量を減らすことで急激な推移の上昇を抑え、川の氾濫被害を防ぎます。

洪水を防ぐためのダム操作

貯水池容量配分図

野村ダムでは雨の多い時期と少ない時期によって洪水調節容量(大雨が降ったときにダムに流れ込んでくる水を貯めるための容量で、普段は水を貯めていません)と利水容量(みかん畑や家庭に送る水をいつも貯めておく容量です)の配分を変えてダムの管理をしています。雨の多い梅雨・台風期には、洪水調節容量が大きく設定されています。

野村ダム洪水調節図

野村ダム地点における計画高水流量毎秒1,300m3のうち毎秒300m3の洪水調節を行い、既設の鹿野川ダムの洪水調節とあわせて下流の洪水流量を低減させ、大洲市、野村町など下流沿川の洪水被害を軽減します。

コンテンツ

Copyright © 国土交通省四国地方整備局 野村ダム管理所 All rights Reserved.
ページトップ