ようこそ!四国の「道の駅」へ

「道の駅」とは

ドライバーのオアシスであり、地域の情報発信基地です。

「道の駅」は、一般道路に設けられた休憩のためのパーキングであるとともに、その地域の文化や歴史、名所や特産物などを紹介する情報キーステーションです。
四国では、平成26年4月4日に新たに3駅が登録され83駅となりました。
「道の駅」には24時間 使用できるトイレ、駐車場を中心に喫茶やレストラン、公園、案内所、休憩所、特産品を扱う売店などがあります。
中には郷土資料 館や宿泊施設が併設されていたり、イベント会場となる「道の駅」もあります。
いずれの「道の駅」も、その地域の特色を生かした個性豊かな施設です。ドライブの新しい楽しみとして、また交流の場としてご活用ください。

道の駅全体図
道の駅コンセプト

「道の駅」とは

地域の核としての「道の駅」

長距離ドライブや、女性や高齢者のドライバーが増加するなかで、交通の円滑な流れを支えるため、一般道路にも安心して利用できる休憩のための施設が求められています。
また、これらの休憩施設では、地域の文化、名所、特産品などを活用して多彩なサービスを提供することが望まれています。
さらに、これらの施設ができることで、地域の核が形成され、道を介した地域連携が促進されるなどの効果も期待されます。
こうしたとこを背景として、道路利用者のための「休憩機能」、道路利用者や地をきっかけに町と町とが手を結びあう「地域の連携機能」の3つの機能を併せ持つ休憩施設「道の駅」が誕生しました。

「道の駅」とは

地域の核としての「道の駅」

「道の駅」は、駐車場・トイレ・電話の基本的な休憩施設と、地域の自主的工夫のなされた施設で構成されています。

提供サービス

■駐車場

24時間利用可能で、利用者が無料で利用できる十分な容量の駐車場。駐車台数は概ね20台(大型車用は2台分に換算)以上としています。

■トイレ

清潔で24時間利用可能で、便器数が概ね10器以上としております。
障害者用も設置。

■バリアフリー

駐車場とトイレの間を結ぶ主要な歩行経路はバリアフリー化を図ることとし、歩行経路以外についてもバリアフリー化を極力努めることとします。

■案内・サービス施設

原則として案内人がいて、道路や地域の情報を親切に提供。情報提供にあたっては、情報提供場所の確保と次の情報を含めて積極的に行うこととします。

  • 道路情報及び近隣の「道の駅」情報
  • 近隣地域まで含めた観光情報
  • 緊急医療情報
  • その他利用者の利便に供する情報

駐車場

24時間利用可能で、利用者が無料で利用できる十分な容量の駐車場。駐車台数は概ね20台(大型車用は2台分に換算)以上としています。

トイレ

清潔で24時間利用可能で、便器数が概ね10器以上としております。
障害者用も設置。

バリアフリー

駐車場とトイレの間を結ぶ主要な歩行経路はバリアフリー化を図ることとし、歩行経路以外についてもバリアフリー化を極力努めることとします。

四国

路線名から検索する 

四国の「道の駅」

  • 愛媛県
  • 高知県
  • 四国
  • 香川県
  • 徳島県

「道の駅」による地域活性化の拠点形成

国土交通省では、「道の駅」を経済の好循環を地方に行き渡らせる成長戦略の強力なツールと位置づけ、関係機関と連携して特に優れた取組を選定し、重点的に応援する取組を実施中です。
このページでは、四国地方整備局で実施している重点「道の駅」の選定と支援等に関する取組みについてご紹介します。

重点「道の駅」制度 選定から支援までのながれ

選定から支援までのながれ

支援の内容

  • 自治体・関係機関による協議会等を設け、複数の関係機関の制度の活用等について、ワンストップで相談できる体制を作ります。
  • 道路区域内の駐車場、休憩施設、トイレ、道路情報提供施設等は、直轄道路事業及び社会資本総合交付金等を活用して国土交通省が支援します。
  • 重点「道の駅」の取り組みを広く周知します。

重点「道の駅」に期待される機能

選定から支援までのながれ

四国における重点「道の駅」の選定状況

 国土交通大臣選定 地域活性化の拠点として、特に優れた機能を継続的に発揮していると認められるもの
全国モデル「道の駅」
1箇所
H26選定駅 内子フレッシュパークからり(愛媛県内子町)
 国土交通大臣選定 地域活性化の拠点となる優れた企画があり、今後の重点支援で効果的な取組が期待できるもの
重点「道の駅」
5箇所
H26選定駅

しまなみ海道「道の駅」(愛媛県今治市)

ゆすはら(高知県梼原町)

かわうその里すさき(高知県須崎市)

H27選定駅

たからだの里さいた(香川県三豊市)

(仮称)美馬(徳島県美馬市)

 地方整備局長等選定 地域活性化の拠点となる企画の具体化に向け、地域での意欲的な取組が期待できるもの
重点「道の駅」候補
2箇所
H26選定駅

日和佐(徳島県美波町)

大歩危(徳島県三好市)

  • 内子フレッシュパークからり
  • しまなみ海道「道の駅」
  • ゆすはら
  • かわうその里すさき
  • たからだの里さいた
  • (仮称)美馬
  • 日和佐
  • 大歩危
四国MAP

四国における道の駅と大学との連携


  • 「道の駅」における大学との連携、受入体制を整備し、若者の就労体験や交流の場として活用
  • 地域の魅力の集まる「道の駅」と、観光学等を学ぶ地域外の若者が交流することで、新たな価値の創造を図る
  • 道の駅と大学のニーズに応じ、「連携企画型」と「就労体験型」の2種類の形で実施

選定から支援までのながれ


連携の具体的な取り組み

四国における道の駅と大学との連携


■平成27年度の連携の取り組み


 【連携企画型】 徳島大学 道の駅「第九の里」
  香川大学 道の駅「ふれあいパークみの」
    道の駅「たからだの里さいた」
    道の駅「小豆島ふるさと村」
    道の駅「恋人の聖地うたづ臨海公園」
  高知工科大学 道の駅「ビオスおおがた」

 【就労体験型】 立教大学 道の駅「小豆島ふるさと村」
  松山大学 道の駅「しまなみの駅 御島」
  平安女学院大学 道の駅「あぐり窪川」

全国の「道の駅」
北海道エリア「道の駅」 東北エリア「道の駅」 関東エリア「道の駅」
北陸エリア「道の駅」 中部エリア「道の駅」 近畿エリア「道の駅」
中国エリア「道の駅」 九州エリア「道の駅」 沖縄エリア「道の駅」
全国の「道の駅」連絡会

リンク

「道の駅」は全国各地にあります。どうぞ左記のホームページもご覧ください。