• 山鳥坂ダムブログ
  • 現場人インタビュー「シリーズ働く現場から」
  • 山鳥坂ダムfacebook

山鳥坂ダムブログ

ICT技術活用工事見学会に参加してきました。

平成29年2月13日


調査設計課の井上(波)です。

2月2日(木)、大洲市新谷で開催された
ICT技術活用工事見学会に参加してきました。

まずは、ICTについて簡単に説明させていただきます。
ICTとは、(Information(インフォメーション) and(アンド) Communication(コミュニケーション) Technology(テクノロジー))の略で
情報通信技術という意味です。

国土交通省では、建設分野において、生産性向上は避けられない
課題となっており、魅力ある建設現場を目指す新しい取組である
i-Construction(アイ-コンストラクション)を進めています。

今回参加したICT技術活用工事見学会では
5つの事について勉強してきました。

①空中写真測量(無人航空機)による出来形計測
UAV(ドローン)による写真測量等により、短時間で
面的(高密度)な3次元測量が行えます。


②レーザースキャナーによる出来形計測
3次元測量データ(現況地形)を地上に設置したレーザースキャナー
で精度よく計測することで設計図面との差分から、施工量
(切り土量、盛り土量)を自動算出することができます。

③ICT機械(MGバックホウ)による法面整形
3次元設計データ等を活用し、ICT建設機械をモニターで確認しながら
施工することにより経験の少ないオペレーターでも手戻りなく仕上げ
が行えます。

④ICT機械(GNSS振動ローラー)による締め固め
ICT建機による転圧回数をモニターで確認することにより、
効率的に施工が行えます。

⑤空中写真測量(無人航空機)とレーザースキャナーによる出来形管理比較
UAV(ドローン)は、土地の高低差には、影響を受けにくいものの天候に
影響されやすいため風が強いと計測できませんがレーザースキャナーは、
雨天時以外であれば計測可能であるという利点があります。それぞれの、
機械の特徴を理解し、施工箇所の条件によって使い分けることが重要です。

今後は、このようなICT技術の活用を積極的に工事へとりいれることで、生産性の向上を図り、よりよい建設現場を目指していきたいと考えています。






前のページへ 次のページへ