トップページ > 道路行政の遂行体制
 道路行政の遂行体制

 国土交通省は、わが国の道路行政を司る国家行政組織であり、道路局が中心となって道路法その他の法令により道路整備計画を立案し、一般国道(指定区間内)の管理を直轄で行い、地方公共団体の行う道路の新設、改築等への助成、助言を行い、道路整備特別会計を経理し、道路関係公団・後者の監督等を行っています。これらの所掌事務のうち、国の直轄事業の遂行のため、地方支分局として全国に八つの地方整備局、その下に複数の国道事務所、出張所を設置しています。

 この項目では、四国地方整備局道路部と国道事務所の組織構成について紹介します。

四国地方整備局道路部の組織

 こちらをご覧下さい。

国道事務所の組織

国道事務所の組織HPアドレス
徳島河川国道事務所の組織 トップページ http://www.skr.mlit.go.jp/tokushima/
香川河川国道事務所の組織 トップページ http://www.skr.mlit.go.jp/kagawa/
松山河川国道事務所の組織 トップページ http://www.skr.mlit.go.jp/matsuyam/
大洲河川国道事務所の組織 トップページ http://www.skr.mlit.go.jp/oozu/
高知河川国道事務所の組織 トップページ http://www.skr.mlit.go.jp/kochi/
中村河川国道事務所の組織 トップページ http://www.skr.mlit.go.jp/nakamura/
土佐国道事務所の組織 トップページ http://www.skr.mlit.go.jp/tosakoku/

マップで選ぶ

戻る

All Rights Reserved, Copyright (C) 2001, Ministry of Land,Infrastructure and Transport