四国テーマ設定技術募  > 平成23年度の取り組みについて

四国テーマ設定技術募集
 四国地方整備局では、産・学・官の有識者等による新技術活用評価委員会において、四国における具体的なニーズにマッチした、四国のこれからの発展に役に立つ技術テーマを設定し、四国版のテーマ設定技術募集として平成18年度より公募を行っています。
 平成23年度は、「災害対応技術」・「構造物保全技術」・「維持管理技術」について公募します。
 
  公募期間 : 平成23年6月6日(月) 〜 平成23年7月15日(金)  ※終了
  <災害対応技術>
  『災害発生時の即日性調査』

    簡易な機器(デジカメ等)を使った、被災地に入らず地形を測定できる遠望測量技術

<構造物保全技術>
  『管理施設の維持更新判定技術』

    交通規制を行わず不良箇所を測定し、交換の時期を調べる技術

  ●『路面下空洞探査技術』

  道路の路面下空洞を掘削せずに探査する技術

  『ボーリング、杭施工孔内の地質の簡易判定技術』

  ボーリング孔内でアーム等による物理探査により地質判定が出来る技術

<維持管理技術>
  ●『作業の軽減とコスト縮減が可能な機械・資材技術』

    路面清掃車で路側に生えている雑草なら路面清掃と同時に処理できるような技術

  ●『既設防護施設を活用した耐久性・安全性向上技術』

  老朽化した落石防止柵を活用して経済的に落石防護柵をリニューアルする技術

  『橋梁の部材の腐食・劣化進行を抑制する予防的保全技術』

  塩害等の進行を抑制する塗料・シール・ワッペン等の技術

   
公募テーマの応募要領と申請様式
公募テーマ @災害対応技術 A構造物保全技術 B維持管理技術
応募要領 PDFファイル:319KB PDFファイル:366KB PDFファイル:373KB
様式1〜4
(Wordファイル版)
ダウンロード:180KB ダウンロード:285KB ダウンロード:295KB
  
具体的事例    
   
平成23年度「四国テーマ設定技術募集」について 記者発表