• 山鳥坂ダムブログ
  • 現場人インタビュー「シリーズ働く現場から」
  • 山鳥坂ダムfacebook

山鳥坂ダムブログ

3/23(木)鹿野川湖で桜の植樹を行いました。

平成29年3月31日


事業計画課の佐伯です。

もうすぐ鹿野川ダムに桜の季節がやってきます!
昨年も写真のように、湖畔の緑の木々とピンクの桜が鮮やかなコントラストを見せてくれました。↓


そんな絶景を残して行くため、鹿野川ダムでは平成21年度から「桜の植樹会」が行われていて、平成26年度までに220本の植樹が行われ、計画された地区の植樹が概ね完了しました。


平成27年度からは、植えた桜の維持管理を中心に、枯れた苗木の補植を継続的に行うことしており、今年度は点在している箇所の補植を「桜の植樹会」で行っていけるか確認するために、試験的に職員のみで大洲市肱川町、西予市野村町内の5箇所に10本の桜の苗木を補植しました。


植樹には鹿野川ダムの栄養が含まれる堆積土も使用しました。

苗の根をしっかり広げて土をかぶせていきます。植えたあとは水やりをして、竹の支柱で囲います。



急斜面の場所もありましたが、無事安全に作業が完了しました。


当日はパラパラとした雨が降り、カッパを着ての作業は大変でしたが、桜にとっては恵みの雨となりました^^


大きな桜の木には蕾がいくつも付いていて、もう少し暖かくなると一気に咲き始めそうです。


桜満開の鹿野川ダム湖をぜひ一度訪れてみてください。






前のページへ次のページへ