昭和29年ジューン台風による洪水
第十樋門は、吉野川第1期改修計画(M40年〜S2年)により、別宮川(現在の吉野川)を放水路として改修し、洪水の全量を流下させる一方で、吉野川(現在の旧吉野川)には平常時の通水のみとしたため必要になった施設です。
従来、出水のたびに上流より流れてくる土砂が第十堰によって吉野川(現在の旧吉野川)に流入して河床を埋没し、閉塞する状況でした。この弊害を避けるため、第十堰より約1km上流(吉野川左岸、板野郡上板町)に取水口を付け替えるとともに、延長約1,750m、川幅55mの第十運河を開削して吉野川(現在の旧吉野川)と連絡し、分派点に第十樋門が設けられました。第十樋門は大正8年(1919)に着工し大正12年(1923)に竣工しました。現在も旧吉野川流域の洪水氾濫防止、河川維持用水、水道用水、工業用水、農業用水の供給と大変重要な役割を果たしています。構造はコンクリート造り、幅5.5m*高さ5.8m*6連です。(参考文献:吉野川事典)
戻る TOP 進む