ホームへ戻る

平成30年7月豪雨災害 

立川川周辺の崩壊地分布図

平成30年7月豪雨に伴い、吉野川上流の立川川周辺(高知県大豊町・本山町)において、多数の斜面崩壊が発生し、地域に甚大な被害をもたらしました。
四国山地砂防事務所では、航空レーザー計測を実施し、崩壊地分布を調査しましたのでその結果を掲載します。



緊急的な対策の状況

四国山地砂防事務所では、平成30年7月豪雨で特に大きな被害が生じた箇所において、緊急的な対策事業を実施しています。

  • 緊急的な対策事業の実施について
  • ・直轄砂防災害関連緊急事業(立川川・行川・栗ノ木川:高知県大豊町・本山町)
    ・直轄地すべり対策災害関連緊急事業(有瀬地区:徳島県三好市)
    ・直轄河川(砂防)災害復旧事業(たかたび護岸:高知県大豊町)