道の駅マーク   ひなの里かつうら
● ---------- - tokushima -hinanosatokatuura- ---------- ●




    全体地図    


写真
  • 駅施設
    駐車場大型3台・普通26台・
    身障者用2台/トイレ/情報コーナー/
    無料休憩コーナー/物産品展示販売コーナー/
    レストラン/ 会議室/ほか
  • 営業時間
    レストラン:午前9時〜午後6時
    物産品展示販売:午前9時〜午後6時
    (駐車場・トイレ・電話は24時間)
  • 休館日
    レストラン:第4月曜日及び12月29日から1月2日
    物産品展示販売:第4月曜日及び12月29日から1月2日
  • 連絡先
    徳島県勝浦郡勝浦町大字生名字月ノ瀬
    TEL:0885-44-0112
    FAX:0885-44-0113
  • 最寄りのアクセスIC
    徳島IC

     「ひなの里かつうら」のホームページ


 道の駅「ひなの里かつうら」は県道徳島上那賀線沿いに位置し、徳島の春を告げる「ビッグひな祭り」が開催される人形文化交流館、勝浦の農産物が購入できる産直市場「よってネ市」に隣接するとともに、四国霊場第20番札所「鶴林寺」への参拝道出発点ともなります。
  駅内では、食事などを楽しめるほか、特産のみかん、貯蔵みかん、徳島藩主蜂須賀公から「立川太郎」の名を賜った鮎など、勝浦産のオリジナル品を購入できます。


Infomation
  • 人形文化交流館
    徳島に春を告げる大イベントであるビッグひな祭りが、ここ人形文化交流館において、2月下旬〜3月下旬までの1ヶ月間開催されます。7mの巨大なピラミッド状ひな段を筆頭に、3万体ものひな人形が豪華絢爛に展示されている他、期間中には様々なイベントも盛りだくさんです。
  • 鶴林寺
    四国霊場第20番札所であり、「一に焼山、二にお鶴、三に太龍」と呼ばれた遍路の難所の1つです。寺には秘仏の本尊(地蔵菩薩)をはじめとして国や県の重要文化財が多く、鶴林寺に至る美しい徒歩参拝道が平成22年に国の史跡に指定されました。
  • 星谷寺
    四国霊場第19番札所「立江寺」の奥の院であり、かつて弘法大師が悪星を封じ込めたとされる「星の岩屋」や、滝の後ろに回って表を透かし見ることのできる「裏見の滝」など見所が多いところです。また、ここより600mほど登ると「仏石」と呼ばれる53体の石仏で作られた柱があり、そばの大銀杏とあいまって秋の観光名所ともなっています。

前へ 四国の「道の駅」一覧に戻る 次へ

全国「道の駅」連絡会