国土交通省四国地方整備局入省案内

研修について

研修について

採用後も日々の業務内で必要な知識を身につけるOJTや、日々の業務を離れた研修等で必要な知識を身につけるOff-JTで、 自分をスキルアップ出来ます。教わる立場だけでなく、教える側の立場になっても学ぶ事が多く、自分を磨き続けられます。

職員からのメッセージ

OJT 日常業務の中でスキルを取得

 日常の業務である打合せのほか、訓練や勉強会、担当者会議等で意見交換をすることで必要なスキルを身につける事が出来ます。また、実際に現地に行く見学会や講習会も多く実施しています。採用から数年間は同期で集まり、発表会や現場見学会を開催し、お互いの情報を共有し、切磋琢磨できる環境を整えています。

Off-JT スキルアップをしっかりサポート

 研修は、高松市牟礼町にある四国技術事務所研修所で 行われています。研修内容も充実しており、年間約30コースの様々な研修が実施されています。
  採用されるとまず、約2週間の新規採用職員研修を受講します。この研修で、国家公務員として、また、国土交通省の職員としての心構え・基礎知識等を修得します。その後は、業務内容に応じた各種研修を段階的に受けることができます。また、国土交通大学校等で実施される研修もあり、受講することもできます。

新規採用職員研修(一部)

新規採用職員研修では、社会人としての心構えから、国土交通行政の基礎知識の習得、また1泊2日での現場見学等を実施します。ともに学んだ仲間とのつながりは、 今後の仕事の支えとなります。

ページTOPへ