『高知高専』現場見学会を開催

2015年12月16日


毎年恒例の「建設バス」が市野瀬橋上部工事へ来訪しました。

「建設バス」は建設業や建設技術への理解や認識を深め、建設業に携わる人材の育成を目的に、高知県建設業協会が高校生を工事現場へ招待するという事業です。

高知工業高等専門学校環境都市デザイン工学科の生徒43名と引率者4名の計47名に見学ステージで片坂バイパスと市野瀬橋の概要を説明した後、橋へ移動し、現場の状況等を見学していただきました。

◇概要説明
◇橋上移動
◇現場見学
◇記念撮影