厳しい気候や災害への備え
トップ > 道について > 厳しい気候や災害への備え

異常気象の時には通行を規制

私たちが管理する国道には、地形的条件から、自然の影響を受けやすいところがあります。災害や事故を未然に防ぐために最新技術を導入して対策を講じていますが、自然を完璧にコントロールすることはできません。場合によっては止むをえず通行止めにすることもあります。

異常気象の時には通行を規制

道路情報板の写真

豪雨(注1)、地震、積雪などの異常気象時の通行は大変危険。事故を起こす原因でもあります。そして事故を回避するために通行を制限します。具体的には遮断機やバリケードによる通行止め、山間部での積雪の場合はチェーン必要情報発出などを行います。規制を行う場合は事前に関係機関(注2)へ連絡し、道路情報板(注3)で道を通行する人や車に状況を知らせています。

  • (注1) 松山河川国道事務所の管内では、降りはじめからの雨量が規制雨量を越えた時に通行止めが実施されます。
  • (注2) テレビ、ラジオなどの報道機関および役場などです。
  • (注3) 「工事中」などと表示された電光表示板のことです。

大雨による事前通行規制

国土交通省四国地方整備局では、大雨や台風の時に通行止めになる国道の区間ガイドマップを発行し利用者を災害から守るため、あらかじめ異常気象時に災害発生率の高い区間を知らせています。
四国地整管内事前通行規制一覧
事前通行規制箇所

事前通行規制箇所


大雨等で落石や土砂崩れなどの恐れがある場合

道路利用者を未然に危険から守るために、 事前通行規制(通行止め)が実施されます。
通行規制になった場合は安全確保の為、規制区間内の通行は禁止となります。
事前通行規制区間
国道名 区画
番号
事前通行規制区間 規制基準雨量
(連続雨量(mm))
担当出張所
11号 (1) 愛媛県西条市丹原町志川
~同県東温市河之内
L=5.8km 300 西条
0897-56-1264
33号 (8) 愛媛県上浮穴郡久万高原町中津
~同県上浮穴郡久万高原町柳井川
L=6.1km 250 松山第一
089-956-0326
(9) 愛媛県上浮穴郡久万高原町柳井川
~同県上浮穴郡久万高原町中黒岩
L=7.6km 250
(10) 愛媛県松山市久谷町
~同県伊予郡砥部町大字千足
L=5.5km 250
(7) 高知県吾川郡仁淀川町森山字オオヂミ
~愛媛県上浮穴郡久万高原町中津
L=6.7km 250 佐川
0889-22-1022
※(7)の箇所については、当事務所の管内ではありませんが、土佐国道事務所の要請により高知県境付近で国道の通行止めを松山河川国道事務所が行う箇所です。
豪雨など異常気象時にお出かけの時は、ラジオの道路情報や道路情報板に表示される道路状況を見定めて、道路交通情報センターや道路管理者に最新の情報を確認して下さい。

交通規制に対する問い合わせ先

愛媛県内の道路情報については
日本道路交通情報センター
050-3369-6638
愛媛県内の国管理の国道11号、33号、56号、192号、196号は
国土交通省 松山河川国道事務所
089-972-0034
愛媛県内の国管理の国道56号(南予地方)は
国土交通省 大洲河川国道事務所
0893-24-5185
愛媛県内の国管理以外の国道及び県道については
愛媛県 土木部 道路維持課
089-912-2720
四国内の高速道路について
NEXCO西日本お客様センター
0120-924-863
西瀬戸自動車道(瀬戸内しまなみ海道)については
本州四国連絡高速道路(株)しまなみ今治管理センター
0898-23-7250

除雪優先区間

大雪時に大規模な立ち往生が発生するおそれがある山間部の峠などの区間を「除雪優先区間」として指定しています。
「除雪優先区間」では、大雪時に道路を通行止めにして、集中的な除雪を実施し、立ち往生車両の発生を防止して、冬期の円滑な道路交通を確保しています。
※大雪時や大雪警報などが発表されている場合は、不要不急の外出は、お控えください。
やむを得ず、車を運転する場合は、冬用タイヤ・タイヤチェーンなどを必ず装着し、運転中に危険と判断したときは、無理をせず、引き返すなどして、ご自身や他の人の安全を第一に考えて行動してください。

集中除雪区間
集中除雪区間

平成26年12月5日の豪雪による国道192号の雪害

国道192号の雪害写真

平成26年(2014年)12月5日、愛媛県と徳島県を結ぶ国道192号の県境付近において前夜からの大雪の影響で車両約130台が道路上で立ち往生しました。

四国地方整備局では、道路管理者による放置車両の強制移動等が可能となった改正災害対策基本法を全国で初めて適用して、約17時間で立ち往生車両の移動を完了し、通行止めを解除しました。

積雪・凍結区間に緊急用スコップ等を配備

国土交通省松山河川国道事務所では、冬期における円滑な道路交通の確保のため、24時間体制で凍結防止剤散布や除雪作業の雪氷(せっぴょう)対策を行っています。
しかし、急な積雪により万が一、車が動けなくなった場合を想定し、ドライバー自らが、車周辺の除雪を行えるように作業用のスコップや融雪剤(凍結防止剤)を当事務所が管理する 国道11・33・56・192号の山間部の峠付近に配備しました。

なお、冬の雪道などを通行する際には、冬用タイヤへの交換やタイヤチェーンの装着・携行を行ってください。
緊急用スコップ・融雪剤

緊急用スコップ

※冬用タイヤ未装着やタイヤチェーン未携行の場合は、雪道を走行するのは危険です。無理をせず引き返したり、JAF等に救援を依頼してください。


凍結危険箇所マップ

松山河川国道事務所Twitterで「雪道情報」発信中

Twitter


道路規制の入手方法

豪雨、積雪、地震など異常気象の時に道を走るのは不安なもの。また、通行規制などを現地で知ったというのでは困りものです。そこで、最新の機器や気象台からの情報を、道路情報板やホームページ、ケータイサイトで提供しています。

PCからの情報はこちら

携帯で道路情報にアクセス!

携帯電話からも道路規制や路面状況を知ることが出来ます。手軽でレジャーにも最適です!

ケータイサイトの画面

緊急災害時の道路復旧

被災時の図 台風による道路災害 寸断された東西交通網
平成16年9月29日に四国地方を襲った台風21号による集中豪雨で国道11号新居浜市船木の国道沿いの山の斜面が 5箇所で崩落。このため国道11号は通行止めとなりました。 この他国道11号に並行する松山自動車道や主要地方道壬生川新居浜野田線・一般県道新居浜土居線も災害により全面通行止めとなり、JR予讃線も不通。県内の道路は大きな被害を受け、四国瀬戸内側の東西交通網が完全に寸断されました。

本四道路が災害リスクを回避

経済動脈が42時間以上遮断!その時、本四道路が代替路として機能

被災直後のしまなみ海道と瀬戸大橋の交通量を見ると、しまなみ海道(多々羅大橋)では約6000台交通量が増加し、平常時の3倍の交通量となりました。また、瀬戸中央自動車道(瀬戸大橋)でも約3000台が増加し、本四道路が災害時の迂回路としての役割を担いました。

本四架橋を利用した迂回交通