水防災意識社会 再構築ビジョン


 平成27年12月10日に社会資本整備審議会会長から国土交通大臣に対して「大規模氾濫に対する減災のための治水対策のあり方について〜社会意識の変革による「水防災意識社会」の再構築に向けて〜」が答申されました。
 この答申を踏まえ、新たに「水防災意識社会再構築ビジョン」として、全ての直轄河川とその沿川市町村(109水系、730市町村)において、平成32年度を目途に水防災意識社会を再構築する取組を行うこととしました。  物部川・仁淀川においても、河川管理者・都道府県・市町村等からなる協議会等を新たに設置して減災のための目標を共有し、ハード・ソフト対策を一体的・計画的に推進する事としています。



取組の紹介
○物部川の取組事例
○仁淀川の取組事例

取組方針
○「水防災意識社会再構築ビジョン」に基づく物部川の減災に係る取組方針
○「水防災意識社会再構築ビジョン」に基づく仁淀川の減災に係る取組方針


○「水防災意識社会 再構築ビジョン」における今後概ね5年間で実施する主な河川整備(四国地方整備)

協議会
○物部川大規模氾濫に関する減災対策協議会
○仁淀川大規模氾濫に関する減災対策協議会


○水防災意識社会 再構築ビジョン


○水害時の対応に係る市町村向け啓発ビデオ


※「水防災意識社会 再構築ビジョン」の報道発表資料は以下をご参照ください。     http://www.mlit.go.jp/report/press/mizukokudo03_hh_000899.html