四国地方整備局i-Construction推進本部

ICTの基準類

番号 名  称 平成30年度の主な改定概要 履 歴 本文参照先(URL)
1 ICTの全面的な活用の推進に関する実施方針 ・河川浚渫に適用工種を拡大
・点検記録作成支援ロボット活用の要領の追記
H30.3 http://www.mlit.go.jp/common/001230306.pdf
(別紙−1)UAV等を用いた公共測量実施要領 http://www.mlit.go.jp/common/001230307.pdf
(別紙−2)土工の3次元設計業務実施要領
(別紙−3)3次元ベクトルデータ作成業務実施要領
(別紙−4)ICT活用工事(土工)実施要領
(別紙−5)ICTの活用に係る見積り書の依頼について
(別紙−6)ICT活用工事(土工)積算要領
(別紙−7)ICT活用工事(舗装工)実施要領
(別紙−8)ICT活用工事(舗装工)積算要領
(別紙−9)CIM活用業務実施要領
(別紙−10)CIM活用工事実施要領
(別紙−11)ICT活用工事(河川浚渫)実施要領
(別紙−12)ICT活用工事(河川浚渫)積算要領
(別紙−13)点検記録作成支援ロボット活用業務実施要領
<以下は過去の実施方針等>     
2 ICT活用工事積算要領(平成28年9月30日まで適用) http://www.mlit.go.jp/common/001124408.pdf
3 ICT活用工事積算要領(平成29年3月31日まで適用) http://www.mlit.go.jp/common/001146585.pdf
4 ICT活用工事積算要領(平成30年2月1日以降適用) http://www.mlit.go.jp/common/001180265.pdf
                 
番号 名  称 平成30年度の主な改定概要 履 歴 本文参照先(URL)
1 UAVを用いた公共測量マニュアル(案) ※改定無し H29.3改定 https://psgsv2.gsi.go.jp/koukyou/public/uav/index.html
2 地上型レーザースキャナーを用いた
公共測量マニュアル(案)
・各作業工程に対応した精度管理表を追加
・測量成果検定基準を追加
H30.3改定 https://psgsv2.gsi.go.jp/koukyou/public/tls/index.html
3 UAV搭載型レーザスキャナを用いた公共測量マニュアル(案) ・UAVに搭載したレーザスキャナを用いて測量を行う場合の標準的な作業方法を規定 H30.3策定 https://psgsv2.gsi.go.jp/koukyou/public/uavls/index.html
点検記録作成支援ロボットを用いた
3次元成果品納品マニュアル(トンネル編)(案)
・3次元モデルを介して蓄積する点検記録写真の納品ルールを規定 http://www.mlit.go.jp/common/001230334.pdf
点検記録作成支援ロボットを用いた
3次元成果品納品マニュアル(橋梁編)(案)
http://www.mlit.go.jp/common/001230335.pdf
                 
番号 名  称 平成30年度の主な改定概要 履 歴 本文参照先(URL)
1 地上型レーザースキャナーを用いた
出来形管理の監督・検査要領(土工編)(案)
・他の要領の軽微な修正に合わせた技術的修正 H30.3改定 http://www.mlit.go.jp/common/001230312.pdf
2 地上型レーザースキャナーを用いた
出来形管理要領(土工編)(案)
http://www.mlit.go.jp/common/001230313.pdf
3 空中写真測量(無人航空機)を用いた
出来形管理の監督・検査要領(土工編)(案)
・他の要領の軽微な修正に合わせた技術的修正 http://www.mlit.go.jp/common/001230310.pdf
4 空中写真測量(無人航空機)を用いた
出来形管理要領(土工編)(案)
http://www.mlit.go.jp/common/001230311.pdf
5 TS等光波方式を用いた出来形管理の監督・検査要領
(土工編)(案)
・「国土地理院認定3級」のような使用規定に対して、機器の精度確認ルールの新設
名称変更
http://www.mlit.go.jp/common/001230316.pdf
6 TS等光波方式を用いた出来形管理要領(土工編)(案)
名称変更
http://www.mlit.go.jp/common/001230317.pdf
7 TS(ノンプリズム方式)を用いた
出来形管理の監督・検査要領(土工編)(案)
・他の要領の軽微な修正に合わせた技術的修正 http://www.mlit.go.jp/common/001230318.pdf
8 TS(ノンプリズム方式)を用いた
出来形管理要領(土工編)(案)
http://www.mlit.go.jp/common/001230319.pdf
9 RTK−GNSSを用いた出来形管理の
監督・検査要領(土工編)(案)
・他の要領の軽微な修正に合わせた技術的修正 http://www.mlit.go.jp/common/001230332.pdf
10 RTK−GNSSを用いた出来形管理要領
(土工編)(案)
http://www.mlit.go.jp/common/001230333.pdf
11 無人航空機搭載型レーザースキャナーを用いた
出来形管理の監督・検査要領(土工編)(案)
・起工測量向けに精度を緩和した精度確認ルールの新設 http://www.mlit.go.jp/common/001230314.pdf
12 無人航空機搭載型レーザースキャナーを用いた
出来形管理要領(土工編)(案)
http://www.mlit.go.jp/common/001230315.pdf
13 TS・GNSSを用いた盛土の締固め管理の
監督・検査要領(案)
※改定無し H29.3.31改定 http://www.mlit.go.jp/common/001230336.pdf
14 TS・GNSSを用いた盛土の締固め管理要領(案) ※改定無し http://www.mlit.go.jp/common/001230337.pdf
15 施工履歴データによる土工の出来高算出要領(案) ※改定無し H28.3.30策定 http://www.mlit.go.jp/common/001230338.pdf
16 ステレオ写真測量(地上移動体)を用いた
土工の出来高算出要領(案)
※改定無し H29.3.31策定 http://www.mlit.go.jp/common/001230339.pdf
17 地上型レーザースキャナーを用いた出来形管理の
監督・検査要領(舗装工事編)(案)
・他の要領の軽微な修正に合わせた技術的修正 H30.3改定 http://www.mlit.go.jp/common/001230308.pdf
18 地上型レーザースキャナーを用いた
出来形管理要領(舗装工事編)(案)
http://www.mlit.go.jp/common/001230309.pdf
19 TS等光波方式を用いた出来形管理の監督・検査要領
(舗装工事編)(案)
・「国土地理院認定3級」のような使用規定に対して、機器の精度確認ルールの新設
名称変更
http://www.mlit.go.jp/common/001230320.pdf
20 TS等光波方式を用いた出来形管理要領
(舗装工事編)(案)

名称変更
http://www.mlit.go.jp/common/001230321.pdf
21 TS(ノンプリズム方式)を用いた
出来形管理の監督・検査要領(舗装工事編)(案)
・TS(ノンプリズム方式)を用いた出来形管理要領(舗装工事編)(案)に合わせ策定 H30.3策定 http://www.mlit.go.jp/common/001230330.pdf
22 TS(ノンプリズム方式)を用いた
出来形管理要領(舗装工事編)(案)
・地上レーザースキャナ同様に、TSを用いてノンプリズム方式で取得した(比較的低密度な)3次元点群データで起工測量、出来形管理を行う場合を規定 http://www.mlit.go.jp/common/001230331.pdf
23 地上移動体搭載型レーザースキャナーを用いた
出来形管理の監督・検査要領(土工編)(案)
・地上を移動しながら計測するレーザスキャナで計測した3次元点群データで、起工測量、出来形管理を受注者が行う場合の精度確認ルールや発注者への提出書類ルールを規定    〃  http://www.mlit.go.jp/common/001230328.pdf
24 地上移動体搭載型レーザースキャナーを用いた
出来形要領(土工編)(案)
http://www.mlit.go.jp/common/001230329.pdf
25 地上移動体搭載型レーザースキャナーを用いた
出来形管理の監督・検査要領(舗装工事編)(案)
〃  http://www.mlit.go.jp/common/001230326.pdf
26 地上移動体搭載型レーザースキャナーを用いた
出来形管理要領(舗装工事編)(案)
〃  http://www.mlit.go.jp/common/001230327.pdf
27 音響測深機器を用いた出来形管理の監督・検査要領
(河川浚渫工事編)(案)
 ・音響測深機器で計測した3次元点群データで、起工測量、出来形管理を受注者が行う場合の精度確認ルールや発注者への提出書類ルールを規定     〃  http://www.mlit.go.jp/common/001230322.pdf
28 音響測深機器を用いた出来形管理要領
(河川浚渫工事編)(案)
〃  http://www.mlit.go.jp/common/001230323.pdf
29 施工履歴データを用いた出来形管理の監督・検査要領
(河川浚渫工事編)(案)
・3DMGバックホウの施工履歴から生成した3次元点群データで、起工測量、出来形管理を受注者が行う場合の精度確認ルールや発注者への提出書類ルールを規定  〃  http://www.mlit.go.jp/common/001230324.pdf
30 施工履歴データを用いた出来形管理要領
(河川浚渫工事編)(案)
〃  http://www.mlit.go.jp/common/001230325.pdf
                 
番号 名  称 平成30年度の主な改定概要 履 歴 本文参照先(URL)
1 LandXML1.2に準じた3次元設計データ交換標準(案)
Ver.1.2
・曲線内最大片勾配「FullSuperelev」要素テキストノード、要素種別サーフェス「Surface」要素の説明文を修正
・構成点コードの考え方の差替
H30.3改定 http://www.nilim.go.jp/lab/qbg/bunya/cals/des.html
2 LandXML1.2に準じた3次元設計データ交換標準の
運用ガイドライン(案)
・構成点コードの考え方の差替
3 設計用数値地形図データ(標準図式)作成仕様の
電子納品運用ガイドライン(案)
※改定無し H29.3改定 http://www.nilim.go.jp/lab/qbg/bunya/cals/cim.html

 


 

 

ICTの基準類(四国運用)



名 称

本文参照先(URL
1
ICT活用工事(土工)の手引き(ver.2906.1

ictdokoutebiki(2906.1).pdf
2  
ICT活用工事(舗装工)の手引き(ver.2906.1

 icthosoutebiki(2906.1).pdf
3
無人航空機飛行計画書(案)

uavhikoukeikakusyoann.pdf
4
ICT活用工事【ICT土工】に係るQ&A

ictdokouqa(ver1.20.2).pdf
5  
ICT活用工事【ICT舗装工】に係るQ&A

icthosouqa(ver1.1).pdf 

·         トップページ

·         推進本部について

·         技術情報

·         イベント情報

·         四国相談室

·         ICTの基準類

Copyright(C) 国土交通省 四国地方整備局 All Rights Reserved.