経営ケイエイ事項ジコウ審査シンサ経審ケイシン)Q&A
 トウQ&Aは、皆様ミナサマからのわせトウオウじて随時ズイジ更新コウシンしております。
 なお、許可キョカ行政庁ギョウセイチョウでは取扱トリアツカトウコトなる場合バアイもあります。
基本的キホンテキ事項ジコウなど)
 経営ケイエイ事項ジコウ審査シンサ申請シンセイから総合ソウゴウ評定値ヒョウテイチ通知ツウチトドくまでにどれぐらいかかりますか。
 申請シンセイ時期ジキトウによってコトなります。
 モットハヤ時期ジキでは1ヶゲツ程度テイドですが、トクに3ツキマツ決算ケッサン企業キギョウからの申請シンセイ集中シュウチュウする8ツキから10ツキにかけての繁忙期ハンボウキでは2ヶゲツ以上イジョウヨウします。(3ツキ末決算の企業スウ突出トッシュツして多いため)
 また、公平性の観点カンテンからカナラ受付順ウケツケジュン処理ショリしていきますので、期限キゲンれがチカイソいでいるといったご希望キボウがあっても一切イッサイコタえられません。
 総合ソウゴウ評定値ヒョウテイチ有効ユウコウ期間キカンにご注意チュウイいただき、時間的ジカンテキ余裕ヨユウってハヤめに申請シンセイいただくようおネガいします。
 総合ソウゴウ評定値ヒョウテイチ有効ユウコウ期間キカンは。
 その経営ケイエイ事項ジコウ審査シンサ審査シンサ基準日キジュンビから1ネン7ヶゲツアイダです。
 総合ソウゴウ評定ヒョウテイ通知ツウチけたからではありませんので、このテンよくご注意チュウイネガいます。
 審査シンサ基準日キジュンビはいつですか。
 原則ゲンソクとして申請シンセイをする直前チョクゼン事業ジギョウ年度ネンド終了日シュウリョウビ直前チョクゼン決算ケッサン)が審査シンサ基準キジュンとなります。
 総合ソウゴウ評定値ヒョウテイチ有効ユウコウ期間キカンぎるとどうなりますか。
 公共コウキョウ工事コウジトウ受注ジュチュウができなくなります。(競争キョウソウ参加サンカ資格シカクウシナうのではなく、受注ジュチュウ自体ジタイができなくなるということです。)
 では、ここでいう公共コウキョウ工事コウジトウとは。
 ここではかりやすく公共コウキョウ工事コウジ表現ヒョウゲンしていますが、ホウでは「公共性コウキョウセイのある施設シセツマタ工作物コウサクブツカンする建設ケンセツ工事コウジ政令セイレイサダめるものを発注者から直接請け負おうとする建設業者は、国土交通省令で定めるところにより、その経営に関する客観的事項について審査を受けなければならない。」と規定キテイされています。
  政令セイレイサダめについて、クワしくはこちらをごランください。
 審査シンサ基準日キジュンビには許可キョカけていなかったものの、経営ケイエイ事項ジコウ審査シンサ申請日シンセイビまでにアラたに許可キョカけた業種ギョウシュがあります。
 このアラたに許可キョカ取得シュトクした業種ギョウシュについて総合ソウゴウ評定値ヒョウテイチ請求セイキュウはできますか。
 できます。
 申請シンセイテンまでに許可キョカけている業種ギョウシュ総合ソウゴウ評定値ヒョウテイチ請求セイキュウ可能カノウです。ギャクに、経営ケイエイ事項ジコウ審査シンサ申請日シンセイビまでに廃業ハイギョウトウした業種ギョウシュについての総合ソウゴウ評定値ヒョウテイチ請求セイキュウはできません。
 確認カクニン書類ショルイソロえるのに事務ジム手間テマがかかるため、ごく一部イチブだけの記載キサイにとどめて、完成カンセイ工事コウジダカ技術ギジュツ職員ショクインスウスクなく申請シンセイするのは問題モンダイありませんか。
 法で禁止キンシされている経審ケイシン虚偽キョギとは、故意コイ実態ジッタイイツワった申請シンセイをすることをし、過小も違法イホウ行為コウイ該当ガイトウしますのでミトめられません。また、全国ゼンコク一律イチリツ基準キジュンによる企業キギョウ評価ヒョウカという経審ケイシン趣旨シュシにそぐわず、ひいては等級操作や売り上げ隠し等の悪質アクシツ違反イハンにもつながる行為コウイともいえます。故意コイ操作ソウサすることなく、ありのままの実態ジッタイ申請シンセイしなければなりません。
 なお、過小カショウ過大カダイ申請シンセイ場合バアイ、その安易アンイ計上ケイジョウした数値スウチ各種カクシュチェックトウ異常値イジョウチシメ可能性カノウセイタカく、重点ジュウテン審査シンサ対象タイショウ指定シテイけ、カエって事務ジム手間テマ増大ゾウダイする結果ケッカにもなります。
 会社カイシャ合併ガッペイしましたが、これまでの完成カンセイ工事コウジダカトウアツカいはどうなりますか。
 会社カイシャ合併ガッペイ分割ブンカツ譲渡ジョウトなどの場合バアイ民事ミンジ再生サイセイホウ会社カイシャ更生コウセイホウなどの適用テキヨウ申請シンセイした場合バアイ決算日ケッサンビ変更ヘンコウした場合バアイなどは、通常ツウジョウとはコトなる算出サンシュツ方法ホウホウトウによる経営ケイエイ事項ジコウ審査シンサけることとなりますので、該当ガイトウ場合バアイは計画・建設産業課建設業係まで個別コベツにご相談ソウダンください。
具体グタイ記載キサイ方法ホウホウなど)
 申請シンセイ書類ショルイ作成サクセイ方法ホウホウなどについて、ナニ参考サンコウとなるものはありませんか。
  当局トウキョク作成サクセイ手引テビきをごランください。(PDF:12.1MB)
 千円センエン未満ミマン端数ハスウ処理ショリは。
 たとえ得点トクテンにはナン影響エイキョウワズかな端数ハスウ処理ショリであっても、数値スウチげることは一切イッサイミトめていません。スベてるようにしてください。
 なお、数字スウジ場合バアイ絶対値ゼッタイチえ(タトえば−1.5をてると−2になる)ますので、トク注意チュウイしてください。
 別紙ベッシイチ 工事コウジ種類別シュルイベツ完成カンセイ工事コウジダカ の項番コウバン33「その」にはナニ記載キサイするのですか。
 審査シンサ対象タイショウとしない業種ギョウシュ許可キョカけていない業種ギョウシュ軽微ケイビ範囲ハンイ工事コウジカギる)の完成カンセイ工事コウジダカ合計ゴウケイ記載キサイします。あくまで、そのの「建設ケンセツ工事コウジ」が対象タイショウであり、兼業ケンギョウ売上高ウリアゲダカ記載キサイするものではありません。
 別紙ベッシ 技術ギジュツ職員ショクイン名簿メイボにはどういったシャ記載キサイするのですか。
 許可を受けた建設業のうち、審査対象とする業種に従事する「一般建設業許可の営業所専任技術者に成り得る資格若しくは経験を有する者」及び「登録基幹技能者講習を終了した基幹技能者」に該当する方を記載します。技術力を正当に評価するため、対象となる技術職員は全員記載しなければなりません。
 また、技術職員は審査基準日における常勤者(期間の限定が無く常時雇用等されている者に限る。なお、平成23年改正より、その雇用期間が6ヶ月を超える方に限定ゲンテイ)を対象とします。このため、審査基準日の翌日以降の新規採用者は対象となりませんが、審査基準日に雇用等されていて翌日以降退職された者は対象となります。
 別紙ベッシ 技術ギジュツ職員ショクイン名簿メイボ講習コウシュウ受講ジュコウとは。
(1)ホウダイ15ジョウダイゴウイに該当ガイトウするシャイチ建機ケンキカク一級イッキュウ施工セコウ管理カンリ技士ギシイチケン技術士ギジュツシなどの一級イッキュウ技術者ギジュツシャ
(2)監理カンリ技術者ギジュツシャ資格者シカクシャショウ交付コウフけているモノ
(3)監理カンリ技術者ギジュツシャ講習コウシュウ審査シンサ基準キジュン過去カコ5年以内に修了シュウリョウしているモノ
 これら3つの条件ジョウケンスベたせば講習コウシュウ受講ジュコウミトめられます。
 実務ジツム経験ケイケンシャ大臣ダイジン認定者ニンテイシャは(1)に該当ガイトウしませんし、講習コウシュウ審査シンサ基準日キジュンビからサカノボって5ネン以内イナイけていなければなりません。これらテン留意リュウイをおネガいします。
 別紙ベッシサン 公認コウニン会計カイケイ士等シナドカズとは。
 ここでいう公認コウニン会計士カイケイシトウとは、公認コウニン会計士カイケイシ会計士補カイケイシホ税理士ゼイリシとなる資格シカクユウするシャマタとなるためのホウジョウ登録トウロクけていることをヨウしない)しくは登録トウロク建設業ケンセツギョウ経理ケイリ試験シケン一級イッキュウ合格者ゴウカクシャします。
 また、技術ギジュツ職員ショクイン同様ドウヨウで、審査基準日における常勤者(期間の限定が無く常時雇用等されている者に限る)を対象とし、人数ニンズウでカウントすることとなります。(複数フクスウ資格シカクユウしていても1メイでカウントします)
 別紙ベッシサン 監査カンサウケシン状況ジョウキョウ 3,経理ケイリ処理ショリ適正テキセイ確認カクニンしたムネ書類ショルイ提出テイシュツ とは。
 上の設問の「公認会計士等」に該当する者の内、経理実務の責任者が別添の書面を用いて経理処理の適正を確認し、ミズカらの署名ショメイして提出テイシュツしている場合バアイ該当ガイトウします。
 「公認コウニン会計士カイケイシトウ」に該当ガイトウしないシャ社外シャガイシャ証明ショウメイでは加点カテンとなりませんこと留意リュウイをおネガいします。
このページの一番上に戻る