建設業許可Q&A
 トウQ&Aは、皆様ミナサマからのわせトウオウじて随時ズイジ更新コウシンしております。
 なお、許可キョカ行政庁ギョウセイチョウでは取扱トリアツカトウコトなる場合バアイもあります。
基本的キホンテキ事項ジコウなど)
 許可キョカけたいのですが、書面ショメン事前ジゼン審査シンサしてもらえますか。
 当局トウキョクでは書面ショメンの事前審査はしていません。
 きちんと法令ホウレイ理解リカイしたうえで、そのサダめにノットって法人ホウジン内部等の諸条件ショジョウケントトノえ、かつ適正テキセイ書面ショメン作成サクセイ申請シンセイしてきたシャ許可キョカアタえるということが原則ゲンソクです。許可キョカ行政庁ギョウセイチョウがその書面ショメン作成サクセイについて助言ジョゲン補助ホジョをすべきでなく、事前ジゼン審査シンサはできないとアツカっているものです。
 申請シンセイから許可キョカしくは不許可フキョカ)まで、どれぐらいの日数ニッスウがかかりますか。
 地方整備局長等が建設業の許可を行う際の標準処理期間については、行政手続法第6条の規定によりサダめられており、おおむね120ニチ程度テイド目安メヤスとするとなっています。
国土交通大臣に係る建設業許可の基準及び標準処理期間について
 許可キョカけなければならない建設ケンセツ工事コウジ定義テイギタトえば、製造セイゾウ建設ケンセツ工事コウジとのチガいはナンでしょうか。
 対象物タイショウブツ土地トチまたは土地トチ定着テイチャクする一連イチレン工作物コウサクブツであるかどうかがヒトつの判断ハンダン基準キジュンです。※
 タトえば、電車デンシャ車両シャリョウナイ電光デンコウ掲示板ケイジバンけることは建設ケンセツ工事コウジではない(製造セイゾウ範疇ハンチュウ)ですが、ビルの壁面ヘキメン電光デンコウ掲示板ケイジバンけることは建設ケンセツ工事コウジ該当ガイトウします。また、自転車ジテンシャ塗装トソウすることは建設ケンセツ工事コウジではないですが、自宅ジタクカベ塗装トソウすることは建設ケンセツ工事コウジ該当ガイトウします。その作業サギョウ内容ナイヨウだけでカンガえるのではなく、対象物タイショウブツ定着テイチャクするものかしないものなのかがヒトつの基準キジュンとなります。(次の設問も参照してください)
建設ケンセツ業法ギョウホウでは明確メイカク定義テイギがなく、建築ケンチク基準法キジュンホウトウから準用ジュンヨウした当局トウキョク独自ドクジ表現ヒョウゲン方法ホウホウです。
 では、工場コウジョウ制作セイサク場合バアイ製造セイゾウ建設ケンセツ工事コウジとのチガいはナンでしょうか。
 同じ工場制作であっても、規定の型番等を工場コウジョウで制作して市場販売等する場合は製造ですが、指定シテイ場所バショ工作物コウサクブツ設置セッチする注文チュウモンけ、その定着テイチャクさせる現場ゲンバ対応タイオウした工作物コウサクブツ工場コウジョウ制作セイサクするような場合バアイは、現地ゲンチ設置セッチ工事コウジはもとより工場コウジョウ制作セイサク過程カテイフクめた受注ジュチュウ全体ゼンタイ建設ケンセツ工事コウジ請負ウケオイ該当ガイトウします。
 これらのチガいは、建設ケンセツ工事コウジ完成カンセイ目的モクテキとしているかイナかなのですが、後者コウシャには、受注ジュチュウ生産セイサンである、設置セッチ工事コウジトモナう、現地ゲンチわせた一品イッピンものの工作物コウサクブツ制作セイサクであることがオオい、といった特徴トクチョウがみられます。
 点検テンケン建設ケンセツ工事コウジ該当ガイトウしますか。
建設ケンセツ業法ギョウホウダイ24ジョウ
 委託その他いかなる名義をもつてするかを問わず、報酬を得て建設工事の完成を目的として締結する契約は、建設工事の請負契約とみなして、この法律の規定を適用する。

 上記ジョウキ建設ケンセツ業法ギョウホウダイ24ジョウのとおり、契約ケイヤク名義メイギ如何イカなるものであっても、工事コウジ補修ホシュウ改造カイゾウマタ解体カイタイフクむ)の完成カンセイ目的モクテキとするものであれば、建設ケンセツ工事コウジ請負ウケオイ契約ケイヤクとみなされることとなります。このため、その「点検テンケン」の業務ギョウム内容ナイヨウ既設キセツ工作物コウサクブツ補修ホシュウトウフクまれていれば該当ガイトウしますし、タンなる計器ケイキトウによる確認カクニン作業サギョウのみであれば該当ガイトウしません。(ツギ設問セツモン参照サンショウしてください)
 なお、該当ガイトウする場合バアイ、その工事コウジ請負ウケオイ契約ケイヤクガク軽微ケイビ範囲ハンイえれば建設業ケンセツギョウ許可キョカ必要ヒツヨウです。また、どれほど少額ショウガク修繕シュウゼンであっても、建設ケンセツ業者ギョウシャ適正テキセイ資格シカクユウする主任シュニン技術者ギジュツシャトウ配置ハイチしてウエで、その修繕シュウゼンにあたらなければなりません。
 蛍光灯ケイコウトウえであっても建設ケンセツ工事コウジ該当ガイトウしますか。
 蛍光灯ケイコウトウえは定着テイチャクブツ対象タイショウとする修繕シュウゼンにはチガいないのですが、特別トクベツ知識チシキ経験ケイケン必要ヒツヨウとせず一般的イッパンテキダレでもできる行為コウイだとカンガえられますので、これは工事コウジではなく役務エキムアツカうべきところです。
 この点も明確な線引きができないところで、個々具体で判断することとなりますが、特別トクベツ知識チシキ経験ケイケン必要ヒツヨウとするかしないか、かりやすくえれば、一般的イッパンテキ自分ジブンでもできうる行為コウイシャにやってもらう場合バアイ役務エキムであり、一般的イッパンテキには自分ジブンでできないためモノにやってもらう場合バアイ工事コウジであるとカンガえれば、ヒトつの判断ハンダン指標シヒョウになるかとオモわれます。
 急ぎの注文があり、請負契約を口頭でしたいのですが?
 建設業法では、例外なく全ての建設工事で書面※による契約締結を義務づけています。これは、発注者・元請下請、金額などにかかわらず、全ての当事者双方に課せられた法的義務です。
 口頭だけで工事を受発注することは、お互いの権利と義務を明確に定めないことを暗黙に意味します。実際の紛争事件の多くは、書面による契約締結を行わなかったことを原因とする案件です。自身の権利を守るためにも必ず書面で契約締結するようにしましょう。

※適法な情報通信技術を用いる方法等であれば、書面による措置に代えることができます。 
許可キョカけなければならない範囲ハンイなど)  
 指定シテイ地区チクの1年間の設備セツビ工事コウジ受注ジュチュウする予定ヨテイです。1カショでは数十万スウジュウマンエン程度テイド工事コウジですが、この場合バアイでも建設業ケンセツギョウ許可キョカ必要ヒツヨウですか。(設備保守工事コウジ契約や通信線の住宅引き込み工事などにられる契約ケイヤク形態ケイタイ想定ソウテイした設問セツモンです。)
 おうとする期間キカン、この設問セツモンでは1年間ネンカンですが、その期間キカンにおける請負額ウケオイガク合計ゴウケイガクが500万円マンエン以上イジョウ※となった場合バアイは、建設業ケンセツギョウ許可キョカ必要ヒツヨウとなります。
 建設ケンセツ業法ギョウホウ施行令セコウレイダイジョウの2ダイコウにおいて「工事コウジ完成カンセイ以上イジョウ契約ケイヤク分割ブンカツしてうときは、カク契約ケイヤクの請負代金の額の合計額とする。(抜粋バッスイ)」との定めを準用した取扱いとなるものです。
 機械キカイける工事コウジですが、機械キカイ金額キンガク高額コウガクであるものの据付スエツケ工事費コウジヒスウ十万ジュウマン程度テイドです。許可キョカ必要ヒツヨウでしょうか。
 資材シザイ代金ダイキン材料費ザイリョウヒ請負ウケオイ契約ケイヤクフクまれていない場合バアイであっても、この設問セツモンでいいますとけるべき機械キカイ価額カガク据付スエツケ工事費コウジヒガク合算ガッサンして500万円マンエン以上イジョウ※となった場合バアイは、建設業ケンセツギョウ許可キョカ必要ヒツヨウとなります。
 これは、建設ケンセツ業法ギョウホウ施行令セコウレイダイジョウの2ダイコウ注文者チュウモンシャ材料ザイリョウ提供テイキョウする場合バアイにおいては、その市場シジョウ価格カカクマタ市場シジョウ価格カカクオヨ運送賃ウンソウチン当該トウガイ請負ウケオイ契約ケイヤク請負ウケオイ代金ダイキンガククワえたものを請負ウケオイ代金ダイキンガクとする。(抜粋バッスイ)」の定めによるものです。
 消費税ショウヒゼイきでは500マン円未満エンミマンですが、消費ショウヒ税込ゼイコみでは500マン円以上エンイジョウとなる工事コウジ建設業ケンセツギョウ許可キョカユウしていない業者ギョウシャ下請シタウけさせていいですか。
 請負ウケオイ契約ケイヤクガク消費税ショウヒゼイフクめたソウガク判断ハンダンしますので、この場合バアイ不可フカです。
 なお、許可キョカユウしていないシャ軽微ケイビ範囲ハンイえる建設ケンセツ工事コウジうと当然トウゼン違法イホウ行為コウイですが、同時ドウジに、わせた建設業者も違法イホウ行為コウイ該当ガイトウします。
 プラントの機械キカイ工事コウジで、機械キカイへの送電線ソウデンセン配線ハイセン工事コウジ内容ナイヨウフクまれていますが、機械キカイ器具キグ設置セッチギョウ電気工デンキコウ事業ジギョウ両方リョウホウ許可キョカユウしていないとってはいけませんか。
 この場合バアイ、プラント機械キカイ機能キノウ発揮ハッキさせるために必要ヒツヨウショウじた配線ハイセン工事コウジであり、配線ハイセン工事コウジだけが独立ドクリツ使用シヨウ目的モクテキキョウされるものではないですので、プラント機械キカイ設置セッチ工事コウジ附帯フタイ工事コウジであるとカンガえられます。
 こういった場合バアイは、建設ケンセツ業法ギョウホウダイジョウ規定キテイにより、シュたる工事コウジ許可キョカ(この場合バアイ機械キカイ器具キグ設置セッチギョウ)をけていればうことができます。
建築ケンチク一式イッシキ工事コウジにあっては、1500マンエン未満ミマンなど、軽微ケイビ工事コウジ範囲ハンイコトなります。
大臣ダイジン許可キョカ知事チジ許可キョカなど)
 大臣ダイジン許可キョカ知事チジ許可キョカとの許可キョカジョウチガトウはどんなことですか。
 知事チジ許可キョカ大臣ダイジン許可キョカ要件等ヨウケントウチガいはナニらありません。
 できうることのチガいもナンらありませんし、どちらが上位ジョウイ許可キョカであるといったことでもありません。
 今回コンカイアラたに県外ケンガイ事務ジムショ出店シュッテンしようとカンガえてますが、知事チジ許可キョカから大臣ダイジン許可キョカへの許可換キョカガ新規シンキ申請シンセイになるのでしょうか。
 その事務所ジムショツギ設問セツモンでの「営業所エイギョウショ」に該当ガイトウすればそのとおり、「営業所エイギョウショ」に該当ガイトウしなければ知事チジ許可キョカのままで問題モンダイありません。
 二以上の都道府県の区域内に営業所を設けて営業しようとする場合は大臣許可、一の都道府県の区域内のみに営業所を設けて営業しようとする場合は知事許可となりますので、営業所の所在によって許可行政庁がコトなることがポイントです。
 建設ケンセツ業法ギョウホウにおける営業所エイギョウショとは。
 まず、建設業法上での「営業所」の定義は、建設業法第3条及び建設業法施行令第1条で「本店または支店もしくは常時建設工事の請負契約を締結する事務所」とされているところです。
 つまり、建設業以外の他業種だけを取り扱う支店・事務所ジムショ等は「営業所」に該当しませんし、建設業ケンセツギョウアツカっている事務所ジムショであっても、常時ジョウジ建設ケンセツ工事コウジ請負ウケオイ契約ケイヤク締結テイケツしていない事務所ジムショは「営業所エイギョウショ」に該当ガイトウしません。
→建設業法上の「営業所」に該当する事務所とは(pdf)
 当社トウシャでは二以上の都道府県に出先事務所ジムショをだしておりますが、各出先カクデサキ事務所ジムショ契約ケイヤク締結テイケツさせる権限ケンゲンアタえておらず、スベ本店ホンテン一括イッカツ契約ケイヤクしています。許可キョカ区分クブン知事チジですか、大臣ダイジンですか。
 ゼン設問セツモンとも重複チョウフクしますが、この本店一括契約の場合(出先事務所ジムショトウに契約締結権限が与えられていない)は、本店ホンテン以外イガイ営業所エイギョウショスベ建設ケンセツ業法ギョウホウジョウの「営業所エイギョウショ」に該当ガイトウしません。必然的にその本店所在地を管轄する都道府県知事の許可となります。
 もし契約ケイヤク権限ケンゲンのない出先デサキ事務所ジムショトウ許可キョカ行政庁ギョウセイチョウ営業所エイギョウショとして届出トドケデしている場合バアイは、営業所エイギョウショ廃止ハイシ手続テツズきをってください。なお、ここでいう営業所エイギョウショ廃止ハイシとは、実際ジッサイ閉所ヘイショ閉鎖ヘイサするということではなく、建設業ケンセツギョウ許可キョカ行政庁ギョウセイチョウへ「営業所エイギョウショ」としてトド必要ヒツヨウがない(トドるべきではない)事務所ジムショトウであるため、その許可キョカ行政庁ギョウセイチョウへの届出トドケデからハズすということを意味イミするものです。
 建設ケンセツ業法ギョウホウ施行令セコウレイダイジョウ使用人シヨウニンとは。
 シュたる営業所エイギョウショ以外イガイ営業所エイギョウショ代表者ダイヒョウシャのことをします。(契約ケイヤク締結テイケツ権限ケンゲンアタえられていない事務所ジムショトウは、法上ホウジョウ営業所エイギョウショ該当ガイトウしませんので、スベての出先デサキ事務所ジムショトウチョウということではありません。)
 以下イカ許可キョカ事務ジムガイドラインからの抜粋バッスイです。
 「建設業法施行令第3条に規定する使用人」とは、建設工事の請負契約の締結及びその履行に当たって、一定の権限を有すると判断される者すなわち支配人及び支店又は営業所(主たる営業所を除く。)の代表者である者が該当する。これらの者は、当該営業所において締結される請負契約について総合的に管理することが求められ、原則として、当該営業所において休日その他勤務を要しない日を除き一定の計画のもとに毎日所定の時間中、その職務に従事している者がこれに該当する。
一般イッパン建設業ケンセツギョウ特定トクテイ建設業ケンセツギョウなど)
 一次イチジ下請シタウケ受注ジュチュウした工事コウジのうち、二次ニジ下請シタウケに4000マン円以上エンイジョウ※のシタ請負ウケオイをさせる予定ヨテイですが、特定トクテイ建設業ケンセツギョウ許可キョカ必要ヒツヨウとなりますか。(一般イッパン建設業ケンセツギョウ許可キョカ大丈夫ダイジョウブですか。)
 特定トクテイ建設業ケンセツギョウ許可キョカ必要ヒツヨウなく、一般イッパン建設業ケンセツギョウ許可キョカ問題モンダイありません。
 特定トクテイ建設業ケンセツギョウ許可キョカ必要ヒツヨウとなるのは、発注者ハッチュウシャから直接チョクセツった場合バアイ(いわゆる元請モトウケ場合バアイ)だけです。下請シタウケ受注ジュチュウ場合バアイ孫請マゴウけなどにしたキンガク特段トクダン制限セイゲンされることはなく、スベ一般イッパン建設業ケンセツギョウ許可キョカ問題モンダイありません。
 一般イッパン建設業ケンセツギョウ許可キョカ特定トクテイ建設業ケンセツギョウ許可キョカとの建設ケンセツ工事コウジ請負ウケオイ契約ケイヤク締結テイケツジョウチガいは。
 ウエ設問セツモンとも重複チョウフクしますが、一般イッパン特定トクテイチガいを端的タンテキえば、元請モトウケ受注ジュチュウ場合バアイ下請シタウケせるソウ金額キンガク制限セイゲンがあるのかないのか、となります。金額キンガク工事コウジ難易度ナンイド工種コウシュトウハナシではなく、下請シタウケ金額キンガクによる許可キョカ区分クブンとなっていることが特徴トクチョウテキであるといえます。
 なお、特定トクテイ建設ケンセツ業者ギョウシャ一般イッパン許可キョカ業者ギョウシャにはせられていない加重カジュウされた下請シタウケ保護ホゴ義務ギムうことになりますので、一般イッパン許可キョカから特定トクテイ許可キョカがる場合バアイは、このチガトウカンして十分ジュウブン理解リカイをしたうえで申請シンセイするようにしてください。
 一般イッパン建設業ケンセツギョウ許可キョカ特定トクテイ建設業ケンセツギョウ許可キョカとの許可キョカ条件ジョウケンチガいは。
 ゼン設問セツモンのとおり、特定トクテイ許可キョカければ下請シタウケせるソウ金額キンガク制限セイゲンがなくなります。制限セイゲンがある一般イッパン許可キョカより、上位ジョウイ許可キョカ区分クブンということができ、許可キョカけるための条件ジョウケン特定トクテイホウ当然トウゼンキビしくなります。
 これらの許可キョカ条件ジョウケンチガいは、1)営業所エイギョウショ専任センニン技術者ギジュツシャ資格シカク2)財産ザイサン要件ヨウケン の2テンについて、一般イッパンよりもキビしい許可キョカ条件ジョウケンせられることとなります。
 この下請シタウケソウキンガク元請モトウケ購入コウニュウして下請シタウケ提供テイキョウする資材シザイ価額カガクフクみますか。
 フクみません。
 このテンは、工事コウジ規模キボ判断ハンダンすべき「3ジョウ許可キョカ」「26ジョウ専任センニン義務ギム」とコトなり、下請シタウケ保護ホゴすべき金額キンガク判断ハンダンしますので、元請モトウケ提供テイキョウする資材シザイ価額カガクまではフク必要ヒツヨウはありません。
建築ケンチク一式イッシキ工事コウジではこの金額キンガクが6000万円マンエン以上イジョウとなります。
業種ギョウシュについて)
 注文があったのですが、どの業種に該当するかはっきりとしません。
 実際の建設工事は、明確な単一業種だけの工事という例は少なく、複数業種からなる例が多いかと思われます。どの業種に該当するのかと電話問い合わせがあることも多いのですが、当局でもズバリと断定できない場合もあります。
 業種間違いや不適切な運用は、違法な無許可営業となる場合もありますし、何より懸念されることは現場に適した知識と経験を有していない者が監理技術者等となり、品質等に悪影響を及ぼす不良施工となる(発注者に不利益を及ぼす)ことです。
 請け負おうとする業種を判断するうえでは、表面的な注文内容で即判断するのではなく、必ず営業所の専任技術者等が発注者との十分な打合せなどに基づき、請け負おうとする工事の現場で要求とされる技術や経験は何であるか、その資格者を必要とする業種は、また、その許可を有しているかなどと、請け負おうとする現場の適正な施工監理とその契約履行を前提とした逆算的な業種判断をすることが重要です。もちろん、この判断において、許可を有していない業種である、適切な技術者が配置できない等々と判断されれば、請け負ってはいけません。 
 一式イッシキ工事コウジ許可キョカだけで下請シタウ受注ジュチュウできますか。
 原則ゲンソクとしてできません。(ホウ22ジョウダイコウ該当ガイトウノゾく) このテン実際ジッサイ許可キョカ取得シュトクしている建設ケンセツ業者ギョウシャナカでも間違マチガった解釈カイシャク運用ウンヨウオオくなされていますので、アラタめて再認識サイニンシキ必要ヒツヨウです。
 一式イッシキ工事コウジは「総合的ソウゴウテキ企画キカク指導シドウ調整チョウセイのもとに土木ドボク工作物コウサクブツ建築物ケンチクブツ建設ケンセツする工事コウジ」とその内容ナイヨウ告示コクジされています。つまり、元請モトウ施工セコウ監理カンリ対象タイショウとする許可キョカ区分クブンであり、けっして各分野カクブンヤ全般ゼンパン一式イッシキテキ包括ホウカツする上位ジョウイ許可キョカ区分クブンではありませんし、また、その許可キョカ範囲ハンイ下請シタウ施工セコウ元来ガンライフクまれていません。
 なお、一括イッカツ下請負禁止キンシ規定キテイにおいて、モト請負人ウケオイニンった工事コウジに「実質的ジッシツテキ関与カンヨ」することが必要ヒツヨウであり、この「実質的ジッシツテキ関与カンヨとは、元請負人自らが総合的に企画、調整及び指導を行うことをいうとなっているため、一式工事許可で下請けをすると必然的に一括下請けに該当する違法行為に該当ガイトウすることにもなります。
 マンションの大規模ダイキボ修繕シュウゼン建築ケンチク一式イッシキ工事コウジ該当ガイトウしますか。
 大規模ダイキボ修繕シュウゼンといっても、その内容ナイヨウ様々サマザマであり、一概イチガイには断定ダンテイできません。
 タシかに大規模ダイキボ修繕シュウゼンは、外壁ガイヘキ塗装トソウ屋根ヤネトウ防水ボウスイ建具タテグ内装ナイソウ修繕シュウゼンなどの複数フクスウ業種ギョウシュ構成コウセイされていることがオオいのですが、それぞれの業種ギョウシュコウシュ施工セコウ密接ミッセツ関連性カンレンセイウスく、実態的ジッタイテキには別個ベッコ独立ドクリツした(仮に別々ベツベツの時期に別々ベツベツに発注しても何ら差し支えない)修繕シュウゼン工事コウジイチ契約ケイヤク一度イチドオコナおうとする内容ナイヨウであり、単に2種以上の専門工事が便宜的に一契約でなされているもの(建築一式工事に該当するとは認められない)と判断されるケースがられます。
 こういった内容ナイヨウ大規模ダイキボ修繕シュウゼンサイ留意リュウイ事項ジコウ以下イカのとおりとなります。
 ・修繕シュウゼン業種ギョウシュのうち軽微ケイビ範囲ハンイ(500万円マンエン未満ミマン)をえるものは該当ガイトウ業種ギョウシュ許可キョカ必要ヒツヨウ
 ・特定トクテイ許可キョカ監理カンリ技術者ギジュツシャトウ同様ドウヨウ)の制限セイゲン境界キョウカイ下請シタウ総額ソウガク千万ゼンマン判断ハンダン(6千万センマンではない)
 ・該当ガイトウ業種ギョウシュごとに対応タイオウする配置ハイチ技術者ギジュツシャ必要ヒツヨウ国家コッカ資格者シカクシャ兼務ケンムさせる場合バアイ下請シタウ制限セイゲンナイ
  であれば1ケン施若しくは2建施(仕上げ)、超えれば1建施となる(1ケン不可フカ

 なお、その修繕シュウゼン工事コウジ業種ギョウシュそれぞれに密接ミッセツ施工セコウ関連性カンレンセイ不可分フカブンセイがあって、総合的ソウゴウテキ企画キカク調整チョウセイトウ必要ヒツヨウミトめられる内容ナイヨウであれば、建築ケンチク一式イッシキ工事コウジ判断ハンダンすることとなります。

 ※ 上記ジョウキはリフォーム工事コウジにおいてもほぼ同様ドウヨウなことがいえます。
このページの一番上に戻る