四国地方整備局営繕部 > 工事書類の簡素化(試行)
 官庁営繕工事における工事書類の簡素化について
   各書式は下の表からダウンロードできます。
     ※ 受注者の方には、契約後速やかに、記載例等のデータを貸与します。
 書式集
書類種別 整理番号 書    式 データ
形 式
更新日
 契約関係書類 1~16 書式をダウンロード
99KB
2013/11/08
 請求書類 17 書式をダウンロード
53KB
2013/11/08
 工事関係書類 (1) 20~28 書式をダウンロード
173KB
2013/11/08
 工事関係書類 (2) 29~41 書式をダウンロード
110KB
2013/11/08

   ■ 簡素化の主旨 
   営繕工事において「小規模な改修工事等で工事書類が多く、その作成が負担となっている」との業界団体からの
  指摘等を踏まえ、受発注者相互の業務の効率化と品質向上を目指し、工事書類の簡素化を試行します。

   ■ 主な実施内容  
   ・契約関係書類は、完成時に再度の提出は不要とします。
   ・材料規格(JIS・JAS等)が証明できる場合は、規格証明書は原則不要とします。
   ・材料搬入状況を撮影した工事写真がある場合は、出荷証明書は原則不要とします。
   ・工事写真の提出は、電子データのみとします。(アルバムは不要)
   ※電子化の一層の促進を図ります。(工事関係書類は、原則署名又は捺印から電子印を可とし、遠隔地工事も
     より効率化)
   ※その他、現状の工事書類を見直し、
    (1)内容に重複のある書類の統合
    (2)提出書類の一部を「提示」「連絡」に変更  ほかを実施します。
    なお、「一覧表」及び整理を行った「書式集」をホームページへ掲載することで、工事着手前に工事書類の作成
   時期、内容等についての確認が可能となっています。
    今後、受発注者の共通認識のもと、ともに業務の効率化を図ることで、営繕工事の品質向上や円滑な工程管理
   を目指します。

 ■ 効果の検証と今後の展開  
   ・受注者へのヒアリング等での意見聴取によりとりまとめを行い、引き続き改善に努めます。


営繕部トップページへ戻る